徳島新聞ネクスト

先輩の声

松下 嵐祐

徳島新聞ネクストへの志望動機、入社を決めた理由を教えて下さい。

前々から日々変化のある仕事に就きたいと思っており、尚且つ人と接せられる仕事がしたかったので、営業職を希望していました。就活ナビの合同説明会に参加した時に徳島新聞ネクストを見つけて、自分が一番仕事にやりがいを感じられる職だと思い、総合広告代理店の仕事を選びました。またイベントの運営の仕事も多くあり、そこに携わることができるのも魅力の一つでした。

入社してから現在までのキャリアと仕事内容について教えて下さい。

最初は内務をこなしながら少しずつ仕事を覚えていきました。所属した営業チームで勉強会を何度も開いていただき、営業に必要なビジネスマナーから、広告に関する基本など多くのことを学んでいきました。また先輩が営業に出るときに同行させていただき、お客様とのコミュニケーションや広告の説明の仕方などを実際に間近で見て身に着けていきました。担当を持たせてもらえるようになってからは、一人でお客様のところに行く機会も多くなりました。初め慣れるまでは一人で仕事がこなせるのかどうか不安でしたが、実際に経験しないと学べないことも多くあるので、日々の営業の中で少しずつ勉強しています。

営業の面白さ、楽しさ、やりがいを教えてください

総合広告代理店の業務は「ルート営業」と「新規営業」の二つに分かれます。ルート営業ではお取引のあるお客様と相談しながら、広報に関する打ち合わせをしていきます。お客様のことを深く知り、より訴求力の高い広告媒体や広告内容を提案する必要があります。簡単な仕事ではありませんが、お客様の広報担当を務めさせていただくやりがいもあります。次に新規営業では新規のお客様のところに行って、広告ご提案をする仕事になります。上手くいかないことも多々ありますが、お客様から新規に広告を頂けたときに営業のやりがいを感じます。これらの業務をこなしていく中で、お客様から喜びの連絡を頂いた時が、広告代理店冥利に尽きるタイミングだと思います。

入社してからの最大の試練や失敗は?それをどのようにして乗り越えましたか?

夏に多数の広告を掲載する広告企画がありました。新規で広告を集めなければならずかなり苦労をしましたが、お客様のところを1件1件丁寧に営業をすることにより、何とか無事に完成させることができました。上手く説明ができなかったりアポイント取りさえも拒否をされるなど、簡単にはいかない大変な企画ではありましたが、この企画を担当したおかげで営業としての根性やお客様への接し方などが少し養われたと思っています。

応募を考えている方にメッセージをお願いします!

営業職は上手くいかないことも多く大変な業務になります。しかし仕事へのやりがいもあり、自分の中で達成感を大きく感じることができるのも営業職だと思っています。時代の流れに合わせた広告提案を行い、お客様と密にかかわってお客様の広報担当を行う総合広告代理店で是非とも一緒に働きましょう!

一日のスケジュール

  • 9:10

    出社(メール・FAXのチェック、伝票作成)

  • 9:30

    求人広告の対応(原稿確認、請求方法の説明)

  • 10:00

    広告や営業に関する勉強会

  • 12:00

    お昼休み

  • 13:00

    電話・メール対応

  • 14:00

    お客様と広告の新規提案

  • 16:30

    お客様とホームページリニューアルの打合せ

  • 17:30

    先輩社員へ当日の業務内容を報告・資料作成

  • 18:30

    帰社

COMMENT

日々様々な業務を行いながら、少しずつ仕事に関することを覚えています。社外ではお客様と直接広報に関する打ち合わせを行います。新聞や雑誌などのマス媒体だけでなく、イベントや看板など幅広いご提案をさせてただいておりますので、お客様に合わせた広報活動をご支援すさせていただいております。営業の仕事だけでなくデスクワークも様々あります。社内ではお客様からの電話対応はもちろん、来社されたお客様のご対応も行います。またお客様と打ち合わせした原稿も手配する作業もあります。地味な作業ももちろんありますが、毎日楽しく仕事をしています。