徳新事業社

先輩の声

印刷部

小林 直貴

何がきっかけで当社へ応募しましたか?

小さい頃から機械や電気のことに興味があり、工業高校で基礎を学びました。そこでお世話になった先生方に徳新事業社を紹介してもらいました。職場を見学し、今まで何気なく読んでいた徳島新聞が刷り上がるのを目の前で見て、やりがいのある仕事だと感じ、応募しました。

仕事内容・環境を簡単に説明して下さい。

徳島新聞の印刷が主な仕事ですが、他社から依頼を受けて広告などを印刷する場合もあります。いずれも輪転機というとても大きな機械で印刷するので、事前の準備やメンテナンスを毎日交代で行っています。具体的には印刷用の大きな紙を準備したり、輪転機の部品を交換したりしています。機器の細かな調整など、覚えることはたくさんありますが、先輩方からの丁寧な指導のおかげで楽しく仕事ができます。

プライベートはどんなことをされてますか?

かなりの出不精なので、休日は家でのんびり過ごしています。

今、楽しいですか!?

仕事は難しいこともありますが、やりがいがあります。新しい仕事の内容をしっかりと理解し、完璧にできたときの達成感は格別です。このため、仕事が段々と楽しくなってきています。

一日のスケジュール

  • 20:00

    出社

  • 20:10

    朝刊のページ数や新聞広告等詳細を確認

  • 21:00

    ミーティング

  • 21:30

    休憩

  • 22:30

    輪転機運転の準備

  • 22:50

    作業開始 印刷準備 点検

  • 1:00

    朝刊印刷開始

  • 3:00

    印刷終了 掃除、洗浄

  • 3:20

    刷了後ミーティング

  • 4:15

    退社

COMMENT

夜勤のスケジュールはこんな感じです。夜勤で特殊なのは休憩時間です。作業が始まると印刷終了まで忙しいので、作業の前に休憩があります。朝刊は部数も多く、印刷に約2時間かかります。印刷が終了し、機器の洗浄などを終えると、刷了後のミーティングで印刷中のトラブルや気付いたことを報告します。